Macro


1. 経済概況
代表的なマクロ経済指標から、過去10年の、マクロ経済分析をマーケット・リサーチの観点から分析した。データには日経平均10年、NYダウ10年の推移を基に、その他のデータを含めて調査した。現在は2004年のレベルまで回復し、その途上にある。

2. 出口戦略下のビジネス
2.1  衰退する産業、業務の転換を必要とするビジネスがある。
2.2  景気は各国の景気対策もあり回復途上にあるが、同時に新たなビジネスチャンスが生まれる可能性を秘めている。
2.3  2003年からの景気回復に見られるように、緩やかな回復を見せると予測する。

3. 予測・今後のデザイン戦略
3.1. デフレ基調は技術革新、グローバル化によって当面変化しない。
3.2. PB(プライベート・ブランド)をはじめ、流通、中間を省いた独自ブランドの増加。
3.3. 現在、逆張り戦略を取っている企業(ユニクロ等)のプロモーション効果は高い。
3.4. 多様な価値観に、リーズナブルな価格で提供するj生活支援型、商品、サービス。
3.5. 中国、インド等は着実に成長する。

4 .総括
4.1 医療関連企業等、財務体質の良い企業はV字回復している。
4.2 実用的、かつリーナブルな価格のデザインが求めれれている。
4.3 好景気の原因は、不景気であるから、景気は回復する。

Designed by  株式会社翠川     マーケット・リサーチ事業部

デザインオフィスブログ

広告

About 株式会社翠川
株式会社翠川はデザインを通じて、企業、商品、サービスのブランド構築を支援していきます。 http://midorikawa.info/

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。