ヒット因力2010⇒2011を分析

株式会社博報堂 (敬称略) 発表 「ヒット因力2010⇒2011」レポート を分析した。

博報堂 広報室 「2010年消費に関わる生活者調査」、「商品/サービス興味度ランキングについて」 より抜粋 
興味度ランキング

1.LED電球
2.ご当地商品
3.スマートフォン
4.タブレット型情報端末
5.スカイツリー
6.おかずラー油
7.羽田空港国際化
8.池上彰
9.コンビニロールケーキ
10.熱中症対策グッズ
11.半熟スイーツ
12.3D対応製品
13.お米でホームベーカリー
14.南アフリカサッカーW杯
15.百貨店内低価格ファッション
16.はやぶさ
17.250円牛丼
18.パンケーキ
19.格安航空会社(LCC)
20.EV車

マトリックス

1. 図の概要
商品、サービス興味度ランキングの1位から20位までの商品、サービスを横軸に従来の価格観、縦軸に個人の価値観のマトリックスを想定し、それぞれを概観で配置した。

2. 4つの類型
このマトリックスにより、価格競争型、付加価値型、新価値創造型、陳腐型に類型した。

3. 価格競争と新価値創造
分析した結果、新価値創造型、価格競争型の2極があると思われる。
図と異なるが、価格が下がると結果的には相対的に価値は高まる。

4. 2011年の展望
2009年は低価格競争ばかりが目立っていたが、2010年は 新価値創造型の商品、サービスが増えた。2011年は新価値創造型、価格競争型の2極の商品、サービスが消費者の興味を惹くと推測する。

Designed by  株式会社翠川 

広告

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。
2011年も引き続き株式会社翠川を宜しくお願い致します!。  スタッフ一同

Designed by  株式会社翠川

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。